インプラントを付けた後の注意

インプラントを付けた後の注意

最近インプラント治療を希望する患者さんが増えています。
インプラントは失った歯を補充するために行われる人気の治療のひとつです。
以前は歯が抜けたら入れ歯をはめていましたが、通常の保険の入れ歯では食事のしやすさに限界がありました。
インプラントは人工歯根を直接埋め込むので、歯がぐらつくことや浮き上がることはありません。
人工の歯であることを忘れて自分の歯と同じように、食事の際の食感も楽しむことができるのも魅力のひとつです。

インプラントを傷める行為

しかし、せっかくインプラントをいれてもその後のメンテナンスを怠ってはいけません。
インプラントを傷める行為をご紹介します。インプラントをされている方は注意しましょう。

歯ぎしり

普通の歯にも悪いことですが、歯ぎしりをしてしまうとインプラントが削れてしまったりネジがゆるんでしまったりと、様々なトラブルを招く原因になってしまいます。
歯ぎしりをするのは、多くの場合眠っている時です。無意識に行っているので、意識して治すのは難しいでしょう。
歯ぎしりをしてしまう人は、眠る時にマウスピースを付けてインプラントが削れないように予防をしましょう。

起きている時になるべくかみしめない様にすると歯ぎしりが起きにくくなるとも言われています。


歯周病(インプラント周囲炎)

インプラントも普通の歯と同じように歯垢が溜まります。歯垢が綺麗に除去されていないと口臭が気になったり、さらには歯周病になってしまいます。
インプラントの周りにある組織は血管が少なく、他の歯茎よりも栄養が渡りにくくなってしまいます。そのため歯周病による炎症に弱いです。
歯肉炎になってしまうとインプラントを支えている骨が破壊され、インプラントが外れてしまいます。自覚症状が出にくいので、気がついた時にはもう重症だった、というケースもあるので注意が必要です。
インプラントだからと特に力を入れる必要はありません。ただ根元が細くなっているために手入れがしにくい場合が多いので注意が必要です。

一旦インプラント周囲炎になってしまうと歯磨きや手入れだけでは止められません。インプラント周囲炎の治療をすれば止めることが出来ます。

インプラント周囲炎の治療は、デンタルプラークバスターで対応できます。1日でできますのですみやかな対応が必要です。


インプラントは入れ歯や差し歯のように消毒などが必要ないため、メンテナンスがとても楽な印象を持っている人が多いですが、メンテナンスを怠っても良いというわけではありません。
きちんと歯磨きを徹底して、口内の環境を整えましょう。
長持ちさせるためにも、歯科医院に行って定期的な健診をすることをおすすめします。

ⓒ2014-15 新宿三丁目北歯科 All rights reserved.