ジルコニアの特徴

インプラントは歯が抜けてしまったところの骨にネジを埋め込み、ネジを土台にして人口の歯を装着する治療のことです。
インプラントを行う際、歯本来の特性を重要視します。
丈夫な歯を人工的に仕上げるために、健康な歯と変わらない人口歯の研究が日々進んでいます。インプラントを行う際に、セラミックの特性を知っていただけたらと思います。
ここではジルコニアの優れた特性をもつセラミック歯をご紹介いたします。

最高級のセラミック歯

ジルコニアとは酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックでキュービックジルコニアとほぼ同じ成分でできています。
強度があり、セラミックの中では高級と言われるほどの歯科材料です。
日本でジルコニアが使用されたのは最近のことですが、欧米では優れた特性が認められ、兼ねてから主流になっています。
ジルコニアは、スペースシャトルの断熱保護剤、高級外車、F1カーのブレーキ部分などの用途に使用されています。医療用途では10年以上前から使用されていました。

ジルコニアの性質

ジルコニアは耐久性、耐食性ともに優れた材料であることで、医師からの高い信頼を受けています。
また生体親和性といって生体細胞との馴染みがよく異物として認識しない材料でもあります。
より優れたファインセラミックなのです。

ジルコニアの性質は下記の通りです。
・金属よりも硬い
・光の透過性が高く透明感がある
・強度、応圧に優れ破損しにくい
・金属アレルギーを起こさないメタルフリー
・耐熱性、耐久性、耐腐食性が高い
といったように、生体親和性に優れ、従来の歯と変わらない特徴をもっています。

体にやさしい

もともとジルコニアは医学の分野での長期の実績があります。数多くの毒性試験や生体親和性試験もクリアしています。歯科分野においてジルコニアを使用したフレームは欧米でも500万以上もしようされており、安全性、信頼性、実績も認められております。

新宿区にある当院では歯の矯正やインプラントを行っております。
耐熱性、耐久性、耐腐食性の高いジルコニアのセラミック歯はおすすめですので、インプラントを行う場合は是非ご相談ください。
また当院の口コミや評判なども参考にしておこしください。

ⓒ2014-15 新宿三丁目北歯科 All rights reserved.