保存治療(根管治療、歯周病治療)なのか、抜歯してインプラントなのか

根管治療は、かなり進歩しました。
根尖(根っこの先)までマイクロスコープで見えるようになりました。
ニッケルチタンファイルで湾曲した根管や細くなったり閉鎖した根管の治療も可能になりました。
MTAという薬品を使うことにより穴が空いた場所を埋めることができるようになりました。
深く入った金属のポストコアも外せるようになりました。
歯周病治療もそんなに歯磨きに頑張らなくても治療できるようになりました(デンタルプラークバスター)。
新宿三丁目北歯科にいらっしゃる患者さんの中で、他の医院で抜歯をすすめられたと言って来院される患者さんが少なくありません。
そんな患者さんの中で約7割くらいの方の歯を抜歯せず、根管治療と歯周病治療で救うことができております。

一方で、インプラントの成功率も非常に上がっています。

残念ながら、根管治療もインプラントも100%ではありません。
やはり体に対するリスクを考え、残せる可能性のある歯はなるべく残し、完全に保存治療が不可能になったらインプラントという選択がよいと考えております。

ⓒ2014ー2015 新宿三丁目北歯科 All rights reserved.