削らない治療法

虫歯は口臭の原因になり、神経まで進入すると痛みを引き起こす厄介な病気です。
 虫歯は、虫歯菌による感染症です。

血管のあるところには、

抗生物質を服用することで感染症に対抗できます。

 

ところが歯のエナメル質や象牙質には血管がありません。

無菌状態にする自然治癒力がありません。

 

いったん穴が開いてしまったら

無菌状態にするのに

削って除去するという方法をとります。

 

この削る方法は

もっとも確立した方法です。

 

一方で、麻酔も削ることもできるだけ避けたい

という気持ちもあります。

 

これに応えるために様々な方法が考案されていますが

症例が限られることも多いです。


 歯の神経を取ってしまうと、長年使い続けるうちに歯が脆くなります。
やがて抜歯しなければなる可能性も起こります。
 しかし神経にまで達した深い虫歯には効果がありませんので、虫歯と思ったら早めにご来院ください。


 歯に関するご相談などがありましたら是非当院に起こしください。


 他院にて虫歯治療で削ったが、

痛みが出たので再治療。

ところがそれでも痛みが止まらないため当院に来院。

 

虫歯検知液で確認したところ

真っ赤に染まり

虫歯菌がまだまだたくさん残っていることを確認。

 

虫歯菌をすべて

除去することで

痛みはまったくなくなりました。

 

虫歯菌が残っているかどうかは

見ただけでは分からない。

 

虫歯は、黒いとは限らないのである。

ⓒ2014 新宿三丁目北歯科  All rights reserved.