差し歯の手入れの仕方

完璧に治療した差し歯(クラウン)であっても、日頃からケアをすることが大切です。
差し歯にも寿命があり歯周病になると黒い歯根が露出し見た目が悪くなったり、歯根が虫歯になってしまいます。

しっかり治療したからと言って、安心してはいけません。

ただし、やり方を間違えると歯ぐきが削れてしまいます。
毎日のブラッシングでも特に意識しながらブラッシングを行ってください。

お手入れの仕方

歯のブラッシングはとても大切です。

歯垢がついたままだと虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

磨き残しをしないように注意して磨く必要があります。
 歯ブラシの持ち方によって、毛先が歯に当たる部分が違ってくるからです。
ブラッシングによって前歯、奥歯の歯垢をしっかり落とすことができます。

 ただし、力を入れすぎたり、同じ個所を何度も磨くと歯ぐきや歯が削れてしまいます。前歯の外側は見えるところなのでついつい何度も磨いてしまいますが、磨きやすいところほどひかえめがよいです。
虫歯にならないためには正しいブラッシングを心がけましょう。

歯ブラシは、LION ライオン DENT.EX systema genki f 歯ブラシ 4本がおすすめです。

この歯ブラシは、クラウンの縁や歯周ポケットが磨きやすく、大きめなので力が分散して歯ぐきを傷めにくい特徴があります。
 歯と歯の間には歯垢がたまりやすい場所がありますので歯間ブラシやデンタルフロスを利用して落とします。

歯間ブラシやフロス(糸ようじ)の使い方は非常に難しいので、歯科医師や歯科衛生士に実際に使っているところを見てチェックしてもらいましょう。

フロスで歯ぐきを傷つけてしまったり、してしまうことがあります。

特に前歯は、セラミックを歯根の方までかぶせて見た目を良くしている場合があります。デリケートな部分ですので、殺菌水でのうがいをして、フロス、歯間ブラシは控えめがおススメです。
歯ブラシだけでは落としきれない歯垢もありますので、デンタルケア商品を常に常備しておきましょう。

殺菌効果の高いパーフェクトぺリオラプチャーがおススメです。

基本ですが、日頃からしっかりケアすることを怠らないことが大切です。
差し歯の素材によって、お手入れ方法が変わります。
虫歯になりにくいセラミックですが、セラミック以外の差し歯では歯垢が付着つきやすい恐れがあります。
差し歯の性質を知ることで、それにあったケアの仕方がありますので、どのような素材を使っているか理解しておきましょう。

ただし、磨きすぎ力の入れすぎは注意です。歯ぐきが削れて歯根が見えてしまい見た目がわるくなったり、歯根がくさび状に摩耗したり、歯根虫歯になりやすくなってしまいます。

 

差し歯が取れた場合

何らかの衝撃によって差し歯が取れてしまう場合が発生したら、自分で何とかしようとせずに、すぐに歯科医院を受診しましょう。
外れた箇所に差し戻したとしても、バランスが悪くなり歯の周りの歯肉が腫れ、噛むと痛みが生じます。
 差し歯の外れた状態によっては再度接着できる場合があります。

レントゲン診査すると根管治療が必要になる場合もあります。

再度取れないようにかみ合わせのチェックも重要です。
かかりつけの医院に診察しましょう。

 

 

定期的に歯科医院に通う

セルフケアも大切ですが、歯の現状を知ることは歯科医院でしか分かりません。
歯科医での定期的なメンテナンスをし、自覚症状のない虫歯や歯周病を早期発見治療する事ができます。
  費用や対応など口コミで評判のよい歯医者をお探しの方も多いと思います。
新宿近辺はもちろん遠方の方でも審美歯科をお探しの方は是非当院にご相談ください。

最新のボトルはオレンジ色です。  パーフェクトペリオラプチャー通販:

Yahoo!shopは、こちら http://store.shopping.yahoo.co.jp/perfectb/

差し歯が歯肉炎になってしまった場合

天然の歯と違って、歯みがきだけで治すのは、ほとんど不可能です。

当新宿三丁目北歯科では、デンタルプラークバスターをおススメしております。

以前は、差し歯を一度仮歯にして歯周外科処置をして、歯肉炎を治してからあらためて差し歯を作りなおしてました。

今では、差し歯をやりなおすことなく治せるようになりました。

(ただし、虫歯や見た目の悪い差し歯はやり直しをオススメします。)

60代、女性、主婦、東京在住の方で、だいぶ前に入れた左上犬歯の歯ぐきが腫れていて痛みは無いが、歯間ブラシで出血が多くあるのと臭いがして気になるということでした。

 歯磨きも歯間ブラシもよくされてらっしゃる方です。

 通常は、歯周外科をやらないとなかなか良くならず場合によっては、セラミックをやり変える必要が出てしまします。

 当院では、デンタルプラークバスターをおススメして処置いたしました。

デンタルプラークバスターで除菌することによって、セラミックを外したり歯ぐきを切ったりせずに治すことができました。

歯間ブラシでの出血も全くなくなりました。

 天然の歯と違って、一度歯肉炎を起こすと歯磨きや歯間ブラシ、フロスだけではよくなりません。

 非常に喜んでいただきました。

 

ⓒ2014-16 新宿三丁目北歯科 All rights reserved. お電話 03-3351-6685