差し歯(クラウン)の特徴

 正式には、現在は差し歯とは言いません。以前には、継続歯といって竹の切り株のようにした根っこに差し込む歯が差し歯でした。

 現在は、切り株にポストコアという土台をさしてその上からクラウンをかぶせると言う形になりました。したがって今でもよく使う「差し歯」と言う言葉は「クラウン」を意味するものとしましょう。

 次にポストコアをご説明しましょう。

神経を取った根っこは、本当に竹の切り株のような状態で中空です。クラウンもかぶせるものですから中身がありません。中身の無いもの同士をくっつけるには、どちらにも中空の部分に差し込むものがあれば良いわけです。根っこの中空の部分に入り込む部分をポスト、クラウンの中身になる部分をコアと言います。コアとポストが一体化していることで、外れずに固定されると言う理屈です。

 よく差し歯が取れたというとコアとクラウンがくっついたままで、ポストと根っこが外れて昔の差し歯のような形になって外れてきます。なぜか?ポストのほうが細いために表面積が少なく、さらに根っこが柔らかいために外れ安いと考えられます。

 今ではこの弱点をなるべく補うべく、金属ではなくファイバーコアを使うようになりました。金属ではないので、黒く変色することも少なくなりました。

 さらにポストをぴったりセメントでつけるのは大変難しいことです。細い穴に細い突起を接着剤をつけてつけるのは、接着剤があるために接着剤の厚みが出やすく浮き上がりやすいのです。差し歯の場合、ポストの浮き上がりがそのままセラミックの浮き上がりになってしまいます。浮き上がるとその隙間から虫歯になってしまいます。ポストコアとクラウンに分けることによってポストコアの浮き上がりが出てもクラウンでピッタリ隙間無くつけることができます。

さらに、ポストコアをファイバーコアで型を取らずに直接作ることによって、ポストの浮き上がりも全く無く作ることができるようになりました。

(文章だけだと分かりにくいですね。すみません。)

歯ぐきと差し歯の関係

 差し歯が、全く歯茎に触れないように作る(縁上マージン)と歯肉炎を起こしにくいと言われています。欠点は見た目が悪いことと虫歯になりやすいことです。見た目が悪いのは黒っぽい歯根の一部が見えてしまうからです。また歯根が黒くなると歯ぐきが歯根の色を吸収して黒っぽいあるいは紫色に変色してしまいますが、これを改善することができません。さらに虫歯になりやすい歯根が露出すると症状が出にくい悪性虫歯になってしまいます。

 そこで歯ぐきぎりぎりまでかぶせようとすることになります。しかし、歯ぐきは加齢と共に退縮します。後退してしまうのです。それではすぐ縁上マージンと同じことになってしまいます。歯肉と交差するように歯周ポケットまで深くかぶせる方法(歯肉縁下マージン)が推奨されます。

見た目と虫歯予防には縁下マージン特に1.5mm以上の深い縁下マージン治療に必要なことがあります。それは

①歯肉炎が無いこと。歯肉に炎症があるとすぐ出血してきてしまって、精度の高い削り(形成)や印象採得(型どり)ができません。そうするとぴったりしたセラミッククラウンがつくれないことになります。差し歯(クラウン)治療に歯肉炎や歯周病は大敵です。歯周病はしっかり治しましょう。時間をかけた特別な歯みがきなどのケアをしなくてもデンタルプラークバスターで治せます。

歯周病を治さずにクラウンを入れると歯周病が悪化してしまうことが多いです。

②形成と印象、技工のそれぞれのスキルが必要です。歯を削っている部分と削って無いところの境界(フィニッシングライン)がなめらかな一本線でなければなりません。歯ぐきの形に沿ってなければなりません。

差し歯の寿命は、歯科医師の技量、技工士の技量にかなりかかっています。

歯ぎしり、くいしばりと差し歯

 歯ぎしりやくいしばりのある方は、要注意です。差し歯が最も難しいケースになります。もちろん治療中難しいわけではありません。

くいしばりのある方は、かなり強い力で噛みます。これに耐えきれないと取れてきてしまったり、歯根破折を起こしてしまいます。特に咬耗といって天然の歯は減ってしまいます。セラミックや金属はあまり減りませんので、時間の経過とともに差し歯の負担が増えて、外れてきてしまうのです。これに対処するには定期健診でかみ合わせの調整が必須となります。


ⓒ2014-2015 新宿三丁目北歯科 All rights reserved.