歯が黄ばむ原因

テレビに出ている芸能人はとても美しい白い歯をしています。
歯の美しさは、笑顔をさらに魅力的にみせてくれるため、憧れを抱いている方が多くいます。
毎日歯磨きをしているのに、なぜ歯は黄ばんでしまうのでしょうか。その原因をご紹介します。

食べ物

歯が黄ばむ原因は大きくわけて2つあり、1つは食べ物に付いている色です。
食の中には、色の濃い食べ物がたくさんあります。カレーやビーフシチュー、コーヒーや紅茶、ワインなどが例として挙げられます。
それらを長い期間をかけて摂取し続けることで、歯の表面に色素沈着が起こってしまうのです。
カレーに含まれるターメリックやカレー粉といった着色料、コーヒーや紅茶、ワインにはタンニンと呼ばれる色素が含まれています。
チョコレートに含まれるカフェインやポリフェノールも、歯が黄ばむ原因となってしまいます。
さらにベリー系の色の濃い果物にも強い色素が含まれているので注意が必要です。
しかし、それらの食べ物を完全に断つことは難しいですよね。
着色を防ぐためには、カレーを食べた後や紅茶を飲んだ後、すぐに歯磨きや口をすすぐようにしましょう。
そうすることで沈着が起こる前に色素を落とすことができます。

象牙質

もう1つの原因は、歯の内部にある象牙質によるものです。
黄ばんだ歯を白く戻そうと、歯をゴシゴシと磨いてしまう人もいますが、それは歯の表面を傷つけるだけです。
歯は内側から神経部分、象牙質、エナメル質といった3層でできています。エナメル質は白く透明感があり、歯が白く見えるのはこのエナメル質のおかげなのです。
しかし歯の表面にあるエナメル質が削られてしまうと、内部にある黄色っぽい象牙質が透けて表面から見えるようになります。
一度歯に付いた色素は普通の歯磨きで落とすことは難しく、強く表面を擦る歯磨きは、歯を白くするどころかますます黄色くする原因になってしまいます。
優しいブラッシングを心がけましょう。

その他の原因

その他にも、タバコのヤニやうがい薬の着色料、治療跡、加齢なども挙げられます。
できるだけ小まめに歯医者でケアをして、白く美しい歯をキープしましょう。
そのため、色素沈着も起きやすくなります。


京王線近辺にお住まいの方で、口コミで評判の歯医者をお探しの方は是非当院にお任せください。
当院では、人気の審美歯科や、口臭治療や予防に力を入れておりますので、お悩みの方はご相談ください。
高精度の最新治療を行っておりますので、患者さんのご希望に沿った治療をご提案いたします。

ⓒ2014-15 新宿三丁目北歯科 All rights reserved.