歯がぐらぐらな方へ(歯の動揺)

歯周病が進んで歯が動き出すと不安ですね。でも歯は板に打った釘とは違います。強力なマジックテープで骨とくっついています。そう簡単に抜けるものではありません。

 また、歯周病治療(除菌)とかみ合わせの調整などでしっかりしてくることが、多くあります。

 

①全部の歯がそろっている方へ。

 あわてて連結しない方がよいと思います。かみ合わせの調整しながらの経過観察がおススメです。日常支障が出てきたら、歯を削っても強固な連結がよいと思います。

 ただし、歯が勝手に移動して歯並びが悪くなったり隙間が見えるようになってきたら、矯正してつなげてしまうという方法もあります。

 

②部分的に少数の歯を失ってしまった方へ。

 ファーストチョイスは、インプラントと思います。ブリッジをされる場合は噛みあう相手がダメージを受けやすいので、要注意です。

 部分入れ歯の場合は、バネをかけたりして支えにする歯をさらにダメージを与えてグラグラにしてしまう可能性があります。つまりバネをかけた歯が次に抜歯になってしまうという状態です。

動く歯にバネをかけても部分入れ歯自体の具合も良くありません。歯と一緒に動いてしまうからです。

部分入れ歯は、動かなければ動かないほど具合がよいものです。遊びがあって動いても具合がよい場合もありますが、その場合は全ての歯がしっかりしているという条件付きです。

それでは、しっかりした歯だけ残してぐらぐらの歯を抜歯して部分入れ歯を作るのでしょうか。そうではありません。そんなことしたらしっかりしていた歯も動き出してあっという間に総入れ歯になってしまいます。

 部分入れ歯の支えにする歯が、動く場合には二通りの方法で対処します。一つは何本か連結して固定する方法です。もう一つはオーバーデンチャーといって、歯ぐきの際のところで歯を切ってしまって根っこだけにする方法です。根っこだけになったうえに入れ歯の乗せるのです。どちらの方法でもしっかりした部分入れ歯が作れます。


 

 

③歯が残り少なくなって、かみ合う歯が少なくなってしまった方へ。

 この場合は、動く全ての歯を根っこだけにして、オーバーデンチャーがおススメです。マグネットをするとさらに小さく作れます。驚くほどよくかめるようになります。見た目もきれいで入れ歯と思われません。ほとんどの方が家族にも知られず使ってらっしゃいます。必ず歯周病治療が必要です。

歯周病治療しないでオーバーデンチャーにした場合は、歯周病が進行してしまいます。治療してあれば大丈夫です。

 

 【症例】歯ぐきが赤く晴れて、向かって左のセラミックのブリッジはぐらぐらです。歯を磨くと出血する状態です。奥歯が無く、上あご14本中6本しか残っていません。

このまま通常の部分入れ歯では、前歯に金属のバネがつき、見た目も悪いし良くかめる入れ歯は作れません。

奥歯が無いので、前歯に負担がかかり隙間が空いてしまっています。

歯周病の治療して、ぐらぐらの歯を一本も抜かずにオーバーデンチャーにしたものです。

ぴったりして、金属のバネもないし、入れ歯と気付かれることはありません。

何でもよく噛めます。(上の図と同じ方です)

総入れ歯ではありません。総入れ歯と比べると非常に小さく作れ、噛む力が非常に出ます。

歯根があるので、唇の張りも失われていません。

ⓒ2014-16 新宿三丁目北歯科  All rights reserved.