高血圧症と歯周病

お口の乾燥が気になる方の中に、血圧が高くて降圧剤を服用している方がいます。
多くの降圧剤の副作用に口渇(こうかつ、口がかわくこと)があり、これは唾液が出なくなることを意味します。

唾液が出なくなると虫歯や歯周病になりやすくなります。
アムロジピンなどの降圧剤を服用していて、服用し始めてから唾液が少なくなったと感じられるようでしたら、是非主治医の内科医に「唾液が少なく口がかわくのですが、どうしたらよいでしょうか。」とお尋ねになることをおすすめいたします。
おそらく薬を変えてみましょうとか、血圧の程度によってはしばらく服用をやめてみましょうとかと言っていただけるのではないかと思います。

唾液が少なくなるのは他に睡眠薬や精神科の薬、利尿薬、筋弛緩剤などの副作用、それとシェーグレン症候群に代表されるドライマウスという病気もあります。

当新宿三丁目北歯科では、スプレータイプの「アクアバランス」という製品を処方したり、パーフェクトペリオでのうがいをおススメしたりしております。

ⓒ2014-15 新宿三丁目北歯科  All rights reserved.