親知らずの抜歯

 

 

親知らずを抜くべき3つの理由?

 

親知らずを抜歯すべき大きな理由は3つあります。それは、「まっすぐ生えていないことが多い」という点に起因します。

1. 口内炎になったり噛み合わせに悪影響を与える

歯が曲がって生えていると「上手く噛み合わない」、あるいは舌や頬に当たって口内炎になってしまう場合があります。また、咬み合わせた時に他の歯と変な当たり方や接触をすることで噛み合わせに影響を与え、あごの動かし方が変わるために顎関節症になってしまう場合があります。

2. 気をつけていても虫歯になりやすい

一番奥なので歯みがきが行き届かずに、汚れが溜まりやすいため、虫歯になり安い傾向にあります。無理に修復治療を行っても、十分に清掃できずに結局は再発虫歯になってしまうケースが多いでしょう。

3. 「智歯周囲炎(ちししゅういえん)」になる

親知らずの周囲がちゃんと磨けずにいつも歯垢がベッタリだと、手前の奥歯と一緒に歯周病が進んだり、親知らずに沿って歯肉の中にバイ菌が入り込んで、周囲の歯肉が化膿している状態=智歯周囲炎になります。

特に疲れが溜まったり、睡眠不足になった時などの体力低下状態になると、突然派手に腫れてくることがあります。歯肉から膿が出てきて強い口臭を伴うことも少なくありません。うずく感じや痛みが出ておさまらない症状が続いてしまう場合も少なくありません。

ー新宿三丁目北歯科ではー

1)歯科用CTによる診断                      

  これは確実な診断として、親知らずの三次元的な形態の把握と太い神経の走行をしっかりと確認させて頂きます。

2)麻酔

  十分な麻酔を行うことにより、痛み無く抜歯ができます。また、極度に恐怖心が強い方には生体モニター管理下により静脈内鎮静法により眠ったような状態で治療が受けられます。

3)手際の良い抜歯

  熟練ドクターによりスムーズに抜歯することにより、短時間でより苦痛の少ない治療が可能です。

4)術後管理

  適切なお薬で腫れと痛みを最小限にします。