部分入れ歯(コンタクツ)

 世界一歯を抜かないといっても

既に歯を失われていらっしゃる方がご来院されますので、

入れ歯治療も もちろん必要不可欠です。

 

 多くの歯科医師は、入れ歯治療に限界を感じており、

インプラントをすすめる歯科医師の割合が年々増加傾向です。

 

部分入れ歯を使うようになると更なる抜歯が近づいてしまうのが

これまでの常でした。

 

なぜなら歯周病をコントロールできなかったためです。

 

それだけ、部分入れ歯の治療は難しいと言えます。

 

逆に言えば、

保存治療(歯周病治療や根管治療など)を

しっかり行えなければ

部分入れ歯の名医、良医とは

言えないということです。

 

私自身の歯科医師としての歩みが

実はこのことを物語っています。

 

大学院生のときの専門は

部分入れ歯でした。

来る日も来る日も

遅くまで患者さんの

部分入れ歯を作っておりました。

 

実は多くの歯科医師は

実際の患者さんの

入れ歯を作ったことがありません。

すべて技工士さん任せなんです。

部分入れ歯を成功させるために

根管治療の腕を磨きました。

歯周病治療の腕を磨きました。

 

そして部分入れ歯のための

歯科矯正も学びました。

 

結果として新宿三丁目北歯科では、

これ以上歯を失わない治療、

歯を抜かない治療に

こだわる医院となりました。

 

部分入れ歯の治療は

歯科治療の中で

もっとも複雑で

難しいと言えます。

 

部分入れ歯の見た目に関してもそうです。

どうせ入れ歯だからとあきらめてしまっている歯科医師、歯科技工士が多いのです。

 

部分入れ歯でも見た目がインプラント以上のものを

当院ではコンタクツといって区別しております。

 

付加価値の付いた部分入れ歯がコンタクツです。

 

どうせ入れ歯だからと合わない見た目が悪い入れ歯で我慢されている方には、

是非ご相談に来ていただけたらと思います。

 

まったく違った入れ歯の世界を見ていただけると思います。

 

ⓒ2017 新宿三丁目北歯科  All rights reserved