Q&A

歯周病は、歯磨きしかないのでしょうか

Q.歯医者にいっても歯磨きしかないと言われました。歯石も痛みをがまんしてとってもらってますが、たいてい取ってもらうと歯茎が腫れて痛みます。歯磨きは毎日、30分以上行っていますが、まだ足りないと指摘されます。このまま治らないのでしょうか。(50代 女性)

 

A.歯周病は、細菌の種類によって治りにくさが決まります。強い悪玉菌が住み着いてしまっているようです。たとえトレポネーマという細菌です。その場合はなかなか歯磨きだけで健康な歯ぐきにするのは、難しいです。

楳津医院では、歯垢を顕微鏡で観察し、細菌の状態を生きたまま観察します。

確かに悪玉菌がいる場合は、特殊な殺菌水で除菌いたします。そうすれば通常の歯磨きで十分よくなっていきます。もう効果が実感できない方法には見切りをつけて次の手を考えましょう。

差し歯の見た目について

Q.3年前に前歯にセラミックのクラウン(さし歯)の治療を受けたのですが、歯茎が黒くなってしまい、セラミックの白さが浮き立って、非常にみた目が悪くなってしまいました。どうすればよいでしょうか。(30歳、女性)

A.せっかく入れたセラミックの歯の縁のところが黒く見えるのは、気になるものです。セラミックの歯を一からやり直す場合は、再発を防ぐ必要があります。その工夫として、金属のないオールセラミックを使ったり、根っこの一部まで深くかぶせなおしたりする方法があります。

ただしこの治療は、精度良く削り、精度良く型を取り、精度良く作らなければなりません。簡単なようで非常に難しい治療になります。
 最新のセラミック治療は、非常に美しく仕上がるようになり、長持ちするようになりましたました。

口臭が気になります

Q.口臭についてお訪ねします。16歳のときから、自分の口臭が気になり始め、友達の前でも緊張するようになってしまい、いくつかの歯科医院を尋ねまし た。歯科医院にいってみますと異口同音に「口臭はありません。気にしすぎです」という答えでした。最近では、電車のなかで、満員であるにもかかわらず、口 臭を気にして私を避けるように立つ人が増えてきましたし、エレベーターのなかでは、他の人が鼻を抑えて臭そうなしぐさをするようになってしまいました。今では、人前に出るのが怖くなってしまい、職場でも一人ぼっちです。どうしたら良いか教えてください。
(25歳、女性)

A.私の経験から、あなたには確かに口臭があると思います。精度のよい口臭検査機器で調べてみましょう。口臭の原因のほとんどは、お口の中の細菌です。お口の中を特別な殺菌水を用いて除菌してみましょう。

そうすれば、口臭はうそのようになくなります。

除菌前と除菌後で口臭測定すれば一目瞭然です。


また口臭クリアプログラムがあります。

口臭検査で口臭が認知され、うがいなどでその効果があると検査結果が出た場合は、定期的に口臭検査をしていくという方法です。

日々の口臭の強さをデータとしてわかるようになります。


治療中の見た目が心配です

Q.歯周病で歯茎が腫れ、前歯が飛び出してしまっています。みた目が悪くて困っています。前歯ですから、治療中みた目が悪くなるのではないかと思って、歯科医院に行けないでいます。治療中みた目がそれほど悪くなく、しかも短期間に治療できないでしょうか。
(43歳、女性)
 
A.飛び出している前歯を、削ることになるか、あるいは矯正でもとの位置に動かすか、あるいは抜歯するかは、レントゲン写真などの診査をしてからですが、 どの方法になるにしても、前歯がなくなってしまったようにならないように、仮歯を利用して治療すれば、みた目が悪くならずに治療を進めることが可能です。 その場でかなりみた目の良い仮歯を作ることができます。よく1日で見違えるように見た目が良くなるので驚かれます。
治療期間に関しては、短期間に終わりにする治療は、歯周病の治療ができないことになってしまいます。これを機会にじっくり歯茎の治療もして、歯の寿命を延ばしてから、きれいな歯を入れるのがお薦めです。歯茎が健康だと歯もきれいに見えます。

入れ歯のトラブルについて

Q.部分入れ歯を入れていて、痛みはないのですが、犬歯にバネを掛けていて、みた目が悪いのと、食べものが引っかかるのと、唇の滑りが悪く笑うとくちびるがひっかかってしまいます。何か良い方法はあるのでしょうか。
(55歳、女性)

A.歯にバネを掛けるのは、必要なこととは言え、たしかに感じの悪いものだと思います。これを解決するには、色々な方法があります。今では審美義歯といっ て差し歯のように自然に部分入れ歯を入れることができます。つまり入れ歯には見えないものです。実際にはいろいろな方法がありますから、具体的には直接ご 相談ください。きっと実際のケースをご覧になると見た目の良さに驚かれると思います。

またインプラントという方法もあります。これは歯があった場所に人口の歯根を埋め込むものです。自分の歯がよみがえったようで快適です。日進月歩で材料や治療器具の進歩で、以前より成功率が著しく上がりました。ただし外科処置を伴いますので良く理解していただく必要があります。

歯を抜かれるのが不安です

Q.歯科医院で十分な説明もないままに歯を抜かれ、一度、部分入れ歯を作りましたが、痛みと具合の悪さに耐えられず、入れていません。抜歯されたことを非 常に後悔しています。他の歯も弱っているようで、たまに痛んだりしみたりします。また歯科医院に行くと、抜歯され、入れ歯かと思うとどうしたら良いかわか らず、悩んでおります。いずれは総入れ歯かと想像すると、生きる希望さえ失いそうです。どうしたらよいでしょうか。
(38歳 女性)

A.すごく悩まれているのがよくわかります。あなたのような方を担当させていただいたことが何度もあります。あなたのような方は、意外にたくさんいらっ しゃって、自分で解決策を見い出せないために、悩みは深く、精神的な苦痛が次第に大きくなっていくようです。入れ歯治療は本来、あなたのような方にとって 福音となるべきものです。ただし、あなたにとってまず必要なのは、名医が入れ歯を作るためにすぐ型取りを始める事ではなく、治療を難しくしている因子が何か徹底的に調べ、それに対する対策を立てることです。そのことで心がだいぶ楽になるはずです。インプラントについても情報提供させていただきます。

入れ歯で快適な毎日を送られている方が沢山いらっしゃるのも事実です。当院には見た目が良く具合のよい審美義歯治療というものがあ ります。まずは治療後の素敵な笑顔をイメージしていただきます。ご一緒に最良の方法をご相談しましょう。

歯医者が恐いのですが

Q.私はとにかく歯科治療が怖くてしょうがないのです。以前に抜歯をしているときに余りの痛さに気を失った事があるのでその為だと思うのですが、虫歯だら けなのに放置しています。さすがに、放置しきれないところまで来てしまいました。私の様な人はどうしたら良いのでしょうか。
(42歳、男性)

A.歯の治療は、あの削る音に代表されるように、気分の良いものではありません。ましてや、過去に大変怖い思いをした経験のある方にとっては、頭で治療の 必要性がわかってもなかなか歯科医院へ行けないのは、あたりまえのことです。そこで、普通の歯科医院では、無理だと思います。あなたに恐怖心を起こさせな い歯科治療には工夫が必要です。どの様なことかと申しますと、一つは、あなたが治療を中断したかったり、今日はもうここまでにしたかったりした場合にいつ でも歯科医師が従う約束をすることです。また一つは、おばけ屋敷のようにいつ何が飛び出してくるかわからないという恐怖を無くすために、今日はどの様な治 療をするのか、前もって十分な説明をすることでイメージとして持ってもらうことです。以上の二つが、非常に大事なことですが、他には、一呼吸おけるように 十分時間に余裕を持たせておく。音楽や花や香りなどでなるべくリラックスしてもらう。他の患者さんの治療が見えたり聞こえたりしない。もちろん、痛みをほ とんど感じない、無痛治療を心がける。削るときの嫌な音をなるべく聞こえないようにすることなどです。まずは、当院で歯科医師と話しをすることから始めて ください。レントゲンなどの結果を説明させて頂いているうちに、恐怖心は少なくなっているはずです。初めての日は、一切治療はいたしません。
こちらにいらっしゃった恐怖心の強い方は、数回通院されるうちに治療中睡魔が襲うほどリラックスされ、ご自分の歯がよくなっていくのが楽しみになるようです。

現在では、専門の麻酔医による静脈内沈静法も可能となりました。

お気軽にご質問をどうぞ。

メモ: * は入力必須項目です

ⓒ2014-16 新宿三丁目北歯科  All rights reserved.