残根上義歯、オーバーデンチャー

 意外と知られていない治療法で、オーバーデンチャーがあります。

歯が残り少なくなってしまった場合に、

歯を歯ぐきのところで切断してしまい、

短い切り株のようにして

その上に入れ歯をのせる方法です。

 

ただし、歯周病治療とあわせて行う必要があります。

 

義歯が浮き上がったり、落ちてきたりしないように

マグネットを利用するときが多いです。

 

オーバーデンチャーの特徴は、

 

①咬む力が非常に強く発揮できます。

②ばねが無いので、見た目がすっきりしてきれいに仕上がります。

③ゆるみが無いため、入れ歯と思われない。

④総入れ歯より小さくコンパクトに作れます

⑤歯に対する負担が少ないので、長持ちします。

⑥ぐらぐらの歯でも残すことができます。

 

欠点は

①歯周病になりやすい。

 ※当院では、徹底した歯周病治療により、この欠点を克服しております。

②咬む力を強く発揮できるので、割れやすい。

 ※当院では、特に丈夫に作ることで対応しています。

 

残り少ない弱った歯をすべて抜いて、総入れ歯やインプラントをすすめられて

困ってらっしゃる方には、抜歯せずに良好な歯が作れる

オーバーデンチャーがおすすめです。

 

 

ⓒ2017 新宿三丁目北歯科 All rights reserved.